ステージLEDスクリーンの究極のガイド

LEDディスプレイとは何ですか?

LEDディスプレイ(発光ダイオードディスプレイ)は、LEDのパネルを光源として使用するスクリーンディスプレイ技術です。現在、大小を問わず、多くの電子機器がLEDディスプレイを画面として、またユーザーとシステム間の相互作用媒体として使用しています。携帯電話、テレビ、タブレット、コンピューターモニター、ラップトップ画面などの最新の電子機器は、LEDディスプレイを使用して出力を表示します。

の種類 LEDディスプレイ

固定LEDスクリーンとの共通点 レンタルLEDスクリーン 強調するに値する。固定とレンタルは何でも分割できます LEDディスプレイ画面 屋外と屋内の2つのタイプに分けられます。そして、あなたはそれらの特性に関して正しいものを選ぶことができます。

アウトドア – 屋外LEDスクリーン 雨、日光、ほこり、落雷を防ぐ機能があり、耐熱性があります。屋外のスクリーンは、屋内のスクリーンよりも明るく輝き、耐久性があります。また、ピクセル密度が低くなる傾向があり、より遠くの表示距離用に設計されています。

屋内 – 屋内LEDディスプレイ モジュールは通常、モジュール式で解像度が高く、通常、近距離の要件を満たすために細かいピクセルピッチを所有します。屋外のスクリーンのように明るく輝く必要はなく、設置場所のために耐久性も必要ありません。

さらに、 特性が上記の2つの間にある一種のLEDディスプレイ。通常、軒先、オープンホール、屋外キャノピーなどに設置されます。屋外のLEDスクリーンと同じ高輝度を実現しますが、雨、風、砂などには耐えられません。

%name Ultimate Guide for Stage LED Screen

LEDステージスクリーン

 

LEDステージディスプレイ 比較的低コストで高効率で顧客やオーディエンスに影響を与え、利益とブランドイメージを向上させるための優れたオプションになる可能性があります。

コミュニティイベント、トレードショー、ファッションショー、スポーツコンテスト、キャンペーンのいずれを手配する場合でも、イベントはステージのLEDスクリーンから支援を受けることができます。最新の最先端技術により、LEDビデオパネルはより信頼性が高く、セットアップが迅速で、より合理的になっています。

大規模なステージパフォーマンスでは、LEDスクリーンメーカーの設計と製造は、ビデオクリッピング、特殊効果の作成、および3Dテクノロジーを組み込んだ革新的な研究であり、ステージパフォーマンスのスタイルを改善し、ステージパフォーマンスの視覚効果を高めます。大きなコンサートホールでは、巨大なビデオウォールが、ショーを明るくする壮大な画像を提供できます。

LEDステージスクリーンでイベントを充実させる

屋内または屋外のイベント用にステージLEDスクリーンを選択することは、無限のカスタマイズ可能なディスプレイサイズ、強化された画像置換プロジェクター、および 液晶画面 講堂、制御室、放送スタジオ、会議室にLEDビデオパネルを備えています。

ステージのLEDスクリーンが、きっと観客をワクワクさせるような印象的な環境を作り出すことができるのは間違いありません。知識、技術力、適切なスケジュールが必要であり、印象を与えることが重要です。

レンタルLEDスクリーンの選び方

LEDステージスクリーンにはさまざまな種類があります。ベンチャーに適した製品を選択することは困難な作業になる可能性があり、ギア、会場、および聴衆の多くの技術的側面の知識が必要です。ここでは、LEDディスプレイを選択するための最良のガイドを作成するのに役立つ回答が得られます。

1.屋内または屋外の会場

屋外のLEDは防水性があり、通常は日光の下で使用するのに十分な明るさです。屋内のLEDスクリーンは、一般的にピクセルピッチが小さいため、鮮明度が向上します。

2.一時的または永続的なインストール

常設用のLEDキャビネットは、ハードウェアの設計が効率的であるため安価ですが、レンタルキャビネットに比べて設置に時間がかかります。

3.画面サイズとピクセルピッチ

これは、会場の寸法、アスペクト比、およびオーディエンスのサイズに従って分析されます。最初に、物理的な制限(天井の高さ、ステージの奥行きと幅、画面から座席の最初の列までの距離)を把握します。完全なピクセルピッチを推定するための経験則は、1ミリメートルあたり5フィートです。このように、4mmピクセルピッチでは、最小表示距離は約20フィートです。劇場にいて、最初の列がLEDスクリーンから25フィート近く離れている場合は、ピクセルピッチが5mm以下のLEDスクリーンを選択する必要があります。

4.メディアの解像度とアスペクト比

LEDディスプレイは、さまざまなサイズと形状のLEDパネルでできています。ほとんどの場合、標準のパネルサイズは500 x 500mmです。画面のアスペクト比は通常、再生するメディアの種類と会場の物理的な制約によって決まります。

ステージLEDスクリーンの場合、会場に最適なスクリーンサイズは、アスペクト比4:1の40フィート×10フィートである必要があることを理解できます。この状況では、カスタマイズされたメディアデザインのために、画面の正確な寸法とピクセル数をメディア作成者に提供する必要があります。

5.電力要件

古典的なLEDパネルは約100ワットかかります。 110V回路では、1.1アンペアに相当します。 150個のLEDパネルで構成された画面がある場合、所要電力は165Aです。

6.照明と信頼性

LEDスクリーンは800ニット以上の高輝度を持っています。高照度を対象としています。ステージのLEDスクリーンは、明るい劇場やショールームの床に表示できます。屋内ステージの背景だけでなく、屋外にも最適です。

信頼性の観点から、LEDスクリーンはエネルギー効率と費用効果が高く、50,000時間以上の長寿命を備えています。

 

ステージLEDスクリーンレンタルvs.自社

レンタルLEDスクリーンを購入するかレンタルするかは難しい決断です。 LEDスクリーンはかなりの投資です。最初にニーズを評価し、購入コストとLEDスクリーンのレンタルを見積もり、アクションプランを作成します。

プロジェクトが恒久的な設置である場合、予算、保管の余地、繰り返し使用するための考え方があるため、ギアの調達が正しい選択である可能性があります。

LEDステージ画面のサイズを選択する方法に関するいくつかのヒントがあります

ステージ主導の画面形式(16:10または16:9)を使用します。業界はゆっくりと4:3フォーマットを残しています。 4:3を使用すると、そもそも昔ながらの外観になる傾向があります。以前にそれを持っていた場合は、ワイドスクリーンに急いで行かないでください-それは価格の価値がないかもしれません。

システムを使用して歌詞以外のものを表示する場合は、画面の高さを画面から後列までの距離の1 / 6〜1 / 10にする必要があります。言い換えれば、 ステージLEDスクリーン 後列までは60フィート(18メートル)であるため、画面の高さは6〜10フィート(1.8〜3メートル)である必要があります。幅はアスペクト比によって計算されます。したがって、16:10を使用すると、画面の画面はわずか9.6 x 6フィート(2.9 x 1.8メートル)または最大16 x 10フィート(4.8 x 3メートル)になります。一般的に、多くの情報源は1/8が許容可能なサイズであると感じていました。

思い出に残るデジタル体験を作成する

ステージLEDスクリーン は、ビデオウォールの設置に必要な効果の高いビジュアルのための非常に効率的なアプリケーションです。全体像は明らかであり、同化は柔軟であり、ハードウェアはこれまで以上に合理的です。この技術は過去10年間で長い道のりを歩んできました。それが成長し続けるのであれば、LEDは市場で最も支配的なデジタルサイネージハードウェアであることになります。

現代では、 ステージLEDスクリーン ステージパフォーマンスでのレイアウトと制作はより真剣に受け止められています。それはパフォーマンスの背景の雰囲気を与えるだけでなく、ステージパフォーマンスの一部であることがわかります。主題は、ステージパフォーマンスにおけるLEDデジタル画像の設計と製造のワークフローを凝縮します。

数日間の継続的な発見と実践の後、ステージパフォーマンスはLEDステージスクリーンのアプリケーションで強力な経験と成果を獲得しました。

 

ja日本語